【社長のミカタ DIGITAL】がスタートしました!!(完全無料)

社長さんの〝味方〟が社長さんの〝見方〟で書いている損得勘定に徹底特化したマンスリー・ビジネス・タブロイド紙『社長のミカタ』。2016年6月号は創刊6周年記念号として発行。同時に、経営の偉大な先人達に学ぶ珠玉の名言・格言コーナー「賢者の言魂」、社長のミニ雑学「大会社・有名企業の社名の由来」、巻頭コラム「二升五合」など、創刊時から続く大人気連載の過去記事コンテンツを一挙公開。「TAX・経営プチ解説」のコーナーでは最新トピックスを随時更新。是非「お気に入り」に追加した上で、お仲間へのシェア拡散をお願いいたします。

=========================================

【訃報】 志賀櫻 氏(2015/12/20)

『タックス・オブザーバー』(エヌピー新書)の著者で弁護士の志賀櫻氏(相続税務支援協会正会員)がお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します。 <事務局>

 

 

=========================================

エヌピー通信社による「後援」の申請書受付について

【当協会の運営母体であるエヌピー通信社が催事・イベントを後援します】(2015/10/30)

エヌピー通信社による「後援」の申請書受付について

 

エヌピー通信社では、各種団体・企業等が主催するセミナーや講演会、全国大会、見本市などの催事・イベントについて、社名を冠した(例→主催:○×会計事務所/後援:エヌピー通信社)後援の申請を受け付けております。 

 

【ご注意】

・後援のための料金は催事の内容や規模、営利性の有無などによって異なります。

・特定の営利団体・企業に結びついた催事・事業で、エヌピー通信社が発行する新聞媒体各紙によってPRしなければならない場合には、別途、所定の料金をいただきます。

・催事・事業内容、その他の資料は申請書と同時に提出してください。

・団体・企業名、代表者名のないものは受け付けません。

・申請書は1カ月前までに提出してください。

・いかなる事情があっても、事後承諾は一切認めません。

 

【申請にあたっては次の事項をよくお読みになってください】

催事・事業は税理士・会計事務所業界の経済的および社会的な地位の向上、納税環境整備、租税分野の学術的振興、納税者の権利保護とその啓蒙・啓発、税の公平性確保による福祉増進、会計業界全般の産業振興等に寄与するもので、原則として営利を目的とせず、かつ政治的、宗教的に偏ったものでないこと。

 

■後援申請書は下記からダウンロードできます。

エヌピー通信社後援申請書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 106.4 KB

■後援申請書を印刷する場合は、ページ設定の用紙サイズをB4またはA3、印刷の向きをタテにしてください。

PDFファイルを表示・印刷するには、「Acrobat Reader」が必要となります。  

■ダウンロードや印刷がうまくいかない場合は下記の連絡先までお問い合わせください。

 

【申請書は郵送またはFAXで受け付けます】

エヌピー通信社企画部後援申請係 〒171-8558 東京都豊島区南池袋3-8-4  

FAX:03-3971-6215

<お問い合わせ> メール:info@np-net.co.jp  TEL03-3971-0114



=========================================

住宅ローン診断士 認定講習のお知らせ

【平成27年7月~平成28年3月に実施される認定講習は下記の通りです】(2015/07/13)

■住宅ローン診断士 認定講習

【東京会場】平成27年7月18日  (土) 10:00~17:00

【大阪会場】平成27年8月30日  (日) 10:30~17:30 

【東京会場】平成27年9月19日  (土) 10:00~17:00

【東京会場】平成27年10月17日(土) 10:00~17:00

【大阪会場】平成27年11月21日(土) 10:30~17:30

【東京会場】平成27年12月5日  (土) 10:00~17:00

【東京会場】平成28年1月23日  (土) 10:00~17:00

【大阪会場】平成28年2月20日  (土) 10:00~17:00

【東京会場】平成28年3月19日  (土) 10:00~17:00


≪受講資格≫

住宅ローン診断士補/住宅ローンアドバイザー/ファイナンシャルプランナー

/宅地建物取引主任者/貸金業務取扱主任者/司法書士/税理士

 

 当協会を通じて「住宅ローン診断士」の認定講習を申し込むと、

 通常4万円の受講料が3万円となります。

 

住宅ローン診断士認定講習とは(動画)




=========================================

住宅ローン診断士 認定講習のお知らせ

【平成27年4月~6月に実施される認定講習は下記の通りです】(2015/03/24)

■住宅ローン診断士 認定講習

【東京会場】平成27年4月18日(土) 10:00~17:00

【大阪会場】平成27年5月16日(土) 10:45~17:45

【東京会場】平成27年6月20日(土) 10:00~17:00


≪受講資格≫

住宅ローン診断士補/住宅ローンアドバイザー/ファイナンシャルプランナー

/宅地建物取引主任者/貸金業務取扱主任者/司法書士/税理士


 当協会を通じて「住宅ローン診断士」の認定講習を申し込むと、

 通常4万円の受講料が3万円となります。


住宅ローン診断士認定講習とは(動画)


=========================================

一般社団法人 日本住宅ローン診断士協会と提携しました

【 当協会の会員限定の優待特典が受けられます 】(2014/12/26)

 当協会はこのほど、「日本住宅ローン診断士協会」(JMPA)と提携いたしました。

JMPAは、住宅ローンの利用者が「現在借り入れているローン」を見直し、有利な金利のローンへの借り換えなどを提案する「住宅ローン診断士」の認定機関です。全国各地で資格取得のための講習会を開催するとともに、通信講座も実施しています。また、JMPAではメガバンクや全国各地の地銀、信金など、さまざまな金融機関とも太いパイプを構築していることから、利用者が「相続対策物件」や「収益物件」「投資用物件」などの不動産を購入する際には、その融資の相談にも応じています。

 

 当協会を通じて「住宅ローン診断士」の認定講習を申し込むと、

 通常4万円の受講料が3万円となります。

 

 日本住宅ローン診断士協会の詳細・認定講習受講お申込みはこちら→住宅ローン診断士

 

 当協会に正会員として入会している税理士・会計事務所、法律事務所に限り、そこで働く所員の方々も受講できます。 


※日本住宅ローン診断士協会に直接、お申し込みになる場合には、備考欄などに必ず

 「相続税務支援協会の会員」であることをご記入ください。

=========================================

『相続時代』特別版を発行しました

【『相続時代』特別版を発行し「日経」紙へ10万部折込配布しました】(2014/11/07)

『相続時代』特別版(2014年11月7日発行・都内の「日経」紙へ10万部折込配布)
『相続時代』特別版の紙面はこちらからダウンロードできます。
『相続時代』特別版2014年11月7日発行.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.5 MB

=========================================

『相続時代』メルマガ(2014/09/18号)を配信しました

【『相続時代』拡大版の正会員限定広告スペースなどについて】(2014/09/22)

『相続時代』紙面やメルマガですでにご案内の通り、当協会では富裕層納税者を対象とした「準会員」(納税者会員)、「一般会員」(『相続時代』購読者会員)の会員カテゴリーを新設しました。これは、『納税通信』や『社長のミカタ』『院長のミカタ』の読者である富裕層から、「納税者の立場では入会できないのか」といった問い合わせを数多くいただいたためです。正会員の先生方には今後、同じ協会の「会員」として、より身近な存在となる富裕層納税者へのご支援を、重ねてお願い申し上げる次第です。

 

準会員として入会したみなさまの「入会の動機」は、「先生方とともに相続の準備を進めていきたい」(調剤薬局チェーンの社長さん)、「いざというときにセカンドオピニオンとしての意見を聞きたい」(賃貸ビルオーナーの息子さん)などといったもので、その理由はさまざまなようです。こうした富裕層のニーズは、なにも『納税通信』などの読者にだけ限ったものではないでしょう。

 

そこで当協会では、『相続時代』の拡大版を編集・制作し、「日本経済新聞」の朝刊へ10万部規模で折込配布することにいたしました。順次、全国各地での実施を検討してまいりますが、まずは第一弾として、都内高級住宅地や高所得世帯割合の高い地域などの、いわゆる〝富裕層エリア〟で、11月上旬(11月7日予定)に実施する計画です。富裕層納税者の入会を促進することで、組織としての相続案件の掘り起こしにつなげ、正会員の先生方が手腕を発揮できる機会を少しでも増やしていきたいと考えるものです。

 

この「拡大版」では、いよいよ2カ月後にスタートする相続税の大増税について、一般納税者(新たな課税対象者)にも分かりやすく説明するとともに、富裕層納税者に対しては「事前対策の必要性」と「プロに相談し、関与してもらうことの重要性」を徹底して解説します。こうした啓蒙・周知活動によって、「相続税の重い負担で泣く納税者」をひとりでも減らしていきたいと考えます。

 

「拡大版」では、正会員の先生方に限定した「広告スペース」をご用意させていただきます。相続の案件や顧客は、「宣伝」や「広告」などでカンタンに獲得できるものではありませんが、有望なエリアに10万部規模で配布する『相続時代』は、媒体として効果的なものになることでしょう。直接的な「顧客獲得」を目的とせずに、「相続税務に強い事務所」「相続エキスパートの税理士」としてのイメージアップ・知名度アップを図りたいとお考えならば、この機会をぜひご利用ください。正会員限定でご用意するスペースですので、可能な限り機会均等を図るため「広告枠」の大きさも料金も最初から「一律」に設定させていただきました。ご出稿につき、ぜひともご検討くださいませ。

 

10万部発行する『相続時代』拡大版への広告出稿について
発行概要・広告料金などはこちらでご確認いただけます。
ダウンロードして必要事項をご記入のうえ、FAXでお申し込みください。
『相続時代』拡大版*正会員へのご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 285.6 KB

=========================================

『相続時代』メルマガ(2014/08/29号)を配信しました

【メールアドレスの登録・変更などについて】(2014/08/30)

当協会から会員の皆さまへ各種のご連絡・ご案内をさせていただくメルマガ版『相続時代』を配信しましたのでご確認ください。会員登録時に受信用のメールアドレスをご登録いただいていない場合や変更・追加を希望する際には、下記のフォームに入力のうえ送信してください。なお、メルアドをご登録いただいていない会員には、同じ内容の「FAX通信」を送信させていただきますが、情報入手のタイミングがメルマガよりも若干遅れてしまいます。こうしたタイムラグを発生させないためにもメルアドの登録をおすすめします。なお、メルアド・FAX番号ともご登録いただいていない場合には、事務局より電話でご連絡させていただきますので、その際にご登録をお願いいたします。

 

メールアドレスの登録・変更はこちらから

メモ: * は入力必須項目です

=========================================

当協会サイトへのリンクバナーはこちらをご利用ください

【リンクバナーのご利用方法について】(2014/08/28)

リンクバナーご利用方法

・当協会のWebサイトへのリンクは、原則としてフリーです。
・リンク用バナーは下記の指定バナーをご使用ください。
・リンクされる場合は、下記の使用条件をお守りください。
・リンクする際はメールで当協会事務局へご連絡いただけると幸いです。
・リンク元のWebサイトの内容によっては、リンクをお断りする場合があります。

バナー使用条件

1. バナーを他の画像の一部として使用しないでください。
2. 当協会が有する著作権その他一切の知的財産権を侵害しないでください。
3. 当協会のWebサイトへのリンクにのみ使用してください。
4. サイズを変更する場合は縦横の比率を変えないでください。

バナーおよびリンク先

・下記のバナーを(画像をコピーして)ご利用ください。

・リンク先はトップページ(http://www.np-ssk.net)にお願いします。

=========================================

「正会員のご紹介」にリンクを希望される会員はこちらから

【正会員のみなさまへのご案内】(2014/08/27)

メモ: * は入力必須項目です

運営母体

http://www.np-net.co.jp/
正会員・準会員・賛助会員は受講料が無料です!
正会員・準会員・賛助会員は受講料が無料です!
会員は読者価格からさらに10%割引となります!
会員は読者価格からさらに10%割引となります!
会計事務所の人手不足を一気に解消
会計事務所の人手不足を一気に解消

運営母体

http://www.np-net.co.jp/
会員は原則、受講料が無料です!
会員は原則、受講料が無料です!
読者価格からさらに10%割引!
読者価格からさらに10%割引!
会計事務所の人手不足を解消!
会計事務所の人手不足を解消!
↑ Amazon.co.jpの購入画面へ
↑ Amazon.co.jpの購入画面へ
エヌピー通信社がイベントを後援
エヌピー通信社がイベントを後援